中島 紅白戦で打席に 左翼手越える打球に「気持ちいい」

[ 2013年4月25日 09:05 ]

延長キャンプの紅白戦で、左翼手の頭上を越える打球を放つアスレチックス・中島

 左太もも裏を痛めて故障者リスト(DL)入りした米大リーグ、アスレチックスの中島が24日、フェニックスでの延長キャンプの紅白戦で打席に立った。けがの再発防止を優先する球団方針から、打撃後は一塁に走らなかったが、3月26日のオープン戦で負傷してから初めて投手の球を打った。

 打席には3度立ち、メジャー経験のない右投手と対戦。中飛、遊ゴロで迎えた第3打席で左翼手の頭上を越える打球を放った。守備には就かなかった。中島は「ちゃんと当たると気持ちがいい。久しぶりに投手と対戦して、いい実戦練習になった」と笑顔で話した。

 ウェルチ総合コーチは「リハビリ段階なのに下半身の安定したスイング」と状態を評価した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月25日のニュース