坂本 いい仕事「流れが行ったり来たりしていたので」

[ 2012年11月2日 06:00 ]

<日・巨>3回1死二塁、右前適時打を放つ巨人・坂本

日本シリーズ第5戦 巨人10―2日本ハム

(11月1日 札幌D)
 巨人・坂本が勝負強い打撃で打線を勢いづけた。まずは2―1の3回1死二塁で「外角直球に素直にバットが出てくれた」と右前適時打。さらに5―2の4回には失策をきっかけに得た好機できっちり犠飛となる中飛を打ち上げ、追加点をもたらした。

 序盤は互いに点を取り合う展開で、主導権をつかみきれずにいた。それだけに「流れが行ったり来たりしていたので」と満足そうだった。

 ≪巨人打線の先発全員安打は5度目≫巨人打線は先発全員の15安打で10点の猛攻。シリーズの先発全員安打は今季第3戦で日本ハムが記録しており通算10度目。巨人では02年西武第3戦以来5度目になる。また巨人の2桁得点も02年西武第3戦(10―2)以来6度目。過去、2桁得点の次の試合は1勝3敗(最終戦が1度)と負け越し。3敗は全て2点以下と抑えられたものだが、第6戦はどうか。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月2日のニュース