負傷交代の長野 右膝死球は打撲 病院には行かず

[ 2012年11月2日 06:00 ]

<日・巨>険しい表情で球場を後にする巨人・長野

日本シリーズ第5戦 巨人10―2日本ハム

(11月1日 札幌D)
 巨人・長野が3回に先頭で中前打。CSファイナルS初戦からのポストシーズン11試合連続安打で追加点の口火を切った。しかし、5回2死二塁からの第4打席で右膝に死球を受け、負傷交代。

 右膝の打撲で病院には行かなかった。アイシング治療などを行い、試合後はナインとともに球場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月2日のニュース