渡辺監督 1日1500スイング指令 2時間45分打ちっ放し

[ 2012年11月2日 06:00 ]

 西武・渡辺監督が「1日1500スイング」指令を出した。この日から1、2軍合同の秋季練習がスタート。打撃強化を図る狙いで、実に11カ所でトス打撃を行い、2時間45分も打ちっ放しだった選手は悲鳴を上げた。

 渡辺監督は「1日1500スイングするよう、打撃コーチには言った。今は種まきの時期。しっかり振り込めば、春のキャンプで実になる」。来季は中島が海外FAでメジャー移籍の可能性があり、中村も10月25日に左膝を手術して開幕は絶望的。打撃の底上げのため地獄の練習が続く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月2日のニュース