DeNA 初の契約更改で恥ずかしいミス 2選手自由契約に 他球団移籍も

[ 2012年11月2日 06:00 ]

 DeNAは、横須賀ベイスターズ合宿所で新球団初の契約更改交渉を行ったが、お粗末なミスが発覚した。

 新人・古村が一度は40万円減の年俸410万円でサインして会見。最低年俸補償440万円を下回る育成選手としての契約だったが、戦力外通告を経ないで支配下登録選手を育成選手にすることはできない。球団がNPBに確認したところ、野球協約違反と指摘された。

 このため、同じく育成選手として契約更改を予定していた新人・佐村とともに、2人は急きょ自由契約となった。交渉にあたった野田尚志チーム統括部長は、協約を把握していなかったのかと問われ「恥ずかしながら、そういうこと」。育成での再契約は合同トライアウト後で、他球団に支配下選手として獲得される可能性もある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月2日のニュース