3人しかいない…中畑監督 秋季キャンプで打撃投手「選手と同じ苦しみを」

[ 2012年11月2日 07:09 ]

 6日から始まる奄美大島での秋季キャンプでは、参加野手13人に対して打撃投手は3人しか同行しないため、DeNA・中畑監督ら首脳陣も連日、打撃投手を務めることになる。

 春季キャンプは30球前後でリタイアしていた指揮官は「自分に厳しく毎日投げる覚悟はある。1日50球は投げたい。最高100球投げられるように頑張ります!」と宣言。その上で「選手と同じ苦しみを味わう」と強い覚悟を示した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月2日のニュース