阿部の復帰は不透明…原監督「まだ長い。勝負を意気に感じないと」

[ 2012年11月2日 19:06 ]

日本シリーズ第6戦 巨人―日本ハム

(11月3日 東京D)
 3年ぶりの日本一が目前に迫り、巨人の原監督の口調も熱を帯びる。「まだ長い。一つ負けられるという精神でもいけない。(大一番での)勝負を意気に感じないと」

 右膝を痛めている阿部の回復具合は不透明で、第5戦を死球のために途中交代した長野とともに練習に姿を現さなかった。クライマックスシリーズから厳しい戦いが続いており、村田、坂本も疲労を考慮してベンチ裏で調整した。

 岡崎ヘッドコーチは2試合連続で欠場した阿部について「ファーストで、というのはないと思っている」と先発するならば捕手での起用を示唆。「先発で出られることを祈っている」と得点力を大きく左右する4番の復帰を願った。

 相手先発は武田勝が予想される。第2戦で黒星は付けたが、6回を1点に抑えられた。3打数無安打だった坂本は「修正して臨みたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月2日のニュース