花咲徳栄 返り討ちならず準V…エース関口は号泣

[ 2012年11月2日 06:00 ]

秋季高校野球関東大会決勝 花咲徳栄2―3浦和学院

(11月1日 上毛新聞敷島)
 花咲徳栄は埼玉大会決勝で勝った相手に敗れ、初優勝を逃した。同点の8回から4番手で登板したエース・関口が制球を乱し、延長10回に直球を狙い打たれた。最速147キロ右腕は「自分の真っすぐに自信を持って投げた。最後は力のない球が甘く入ってしまった」と号泣した。

 高校入学後から投手に転向しただけに「冬は徹底して追い込んで、分かっていても打たれない真っすぐにしたい」と来春センバツを見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月2日のニュース