DeNA ヘッドに中畑監督の盟友、二宮コーチ抜てき

[ 2012年11月2日 06:00 ]

来季巻き返しへトロイカ体制の(右から)二宮コーチ、高木コーチ、中畑監督

 DeNAが来季に2年契約の最終年を迎える中畑清監督(58)を支えるヘッド格の新参謀役として、二宮至外野守備走塁コーチ(58、写真)を抜てきすることが1日、分かった。5年連続最下位からの巻き返しへコーチ陣もテコ入れとなった。

 二宮コーチは中畑監督と駒大の同期生。駒大時代は同監督、平田薫(元巨人)とともに「三羽ガラス」と呼ばれ、巨人同期入団でもある。中畑監督の就任と同時にDeNAのコーチに招かれ、今季は一塁ベースコーチも兼任しながら、2年目・荒波を中堅のレギュラーに育て上げた。来季は作戦面でもチームのかじを取り、気心の知れた指揮官を支えることになる。

 ◆二宮 至(にのみや・いたる)1953年(昭28)11月15日、広島県生まれの58歳。広島商から駒大に進み、東都大学野球リーグでベストナイン5度受賞。75年にドラフト外で巨人に入団。83年に現役を引退し、98年から03年まで中日で外野守備走塁コーチ。04年には台湾・ラニューの打撃コーチ、07~10年には松本大(関甲新大学野球リーグ)で監督を務めた。今季からDeNAの外野守備走塁コーチ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月2日のニュース