稲葉 3安打も勝利に結びつかず「悔いがないように」

[ 2012年11月2日 06:00 ]

日本シリーズ第5戦 日本ハム2―10巨人

(11月1日 札幌D)
 6番に下がった日本ハム・稲葉が3安打を放った。2回1死二塁では進塁打となる一ゴロ。4、7、9回はいずれも単打で出塁し、今シリーズの打率を・421と上げたが、得点には結び付かなかった。

 本拠地で王手をかけられ、残るは敵地での2試合。苦しい状況だが、チームの精神的支柱となっているベテランは「後がないのは、みんな重々分かっている。悔いがないようにやりたい」と言葉に力を込めた。

 ≪40代の猛打賞は落合以来≫40歳2カ月の稲葉(日)が3安打。シリーズで40代の猛打賞は、96年第1戦で42歳10カ月の落合博満(巨人)が3安打して以来史上2人目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月2日のニュース