ヤンキース 黒田に単年12億円用意 引き留めへ最大の誠意

[ 2012年11月2日 06:00 ]

ヤンキースが残留オファーを用意する黒田

 ヤンキースが、FAとなった黒田博樹投手(37)の引き留めへ、日本投手最高額のオファーを用意していることが31日(日本時間11月1日)分かった。

 単年契約で年俸1500万ドル(約12億円)前後となる見通し。過去最高だった自身の1300万ドル(約10億4000万円)を上回るのは確実となった。

 今季はチーム最多の219回2/3を投げて自己最多の16勝。ヤ軍の独占交渉期限は2日東部時間午後5時(同3日午前6時)となっている。

 今オフFAの目玉の一人といわれる黒田。ヤ軍のブライアン・キャッシュマンGMは補強戦略について「難しい決断が待っている」と明言を避けてきたが、関係者の話を総合すると、近日中にも黒田に再契約オファーを提示する見通しとなった。年俸は、10年ドジャース時代の1300万ドルを上回り、日本投手最高額となるのは確実だ。

 黒田は来季38歳になるが、同GMは「黒田は素晴らしいヤンキースの選手。私にとって大事なのは年齢より良い選手かどうか」と高い評価を下している。ヤ軍の独占交渉期限は2日で、それ以降は全球団との契約が可能となる。既に古巣ドジャースも獲得に動いている。ヤ軍としては、高額オファーで熱意を伝え、早期決着を目指す構えだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月2日のニュース