斎藤 シリーズ初登板も「悔しい」2失点

[ 2012年11月2日 06:00 ]

<日・巨>9回無死、矢野の中前打を打たれジャンプする日本ハム・斎藤

日本シリーズ第5戦 日本ハム2―10巨人

(11月1日 札幌D)
 日本ハム・斎藤の日本シリーズ初登板は、悔しさだけが残る2イニングだった。2―8の8回から5番手として登場。最初の1イニングこそ3者凡退で終えたが、続く9回は鈴木、松本哲に連続適時打を浴びるなど4安打を集中され2点を失った。プロ入り最速タイの147キロをマークするなど直球の威力はあったが「悔しいですね。内容よりも結果。球の力は今は関係ない。日本一になるためにという感じなので」と淡々と53球を振り返った。

 今季は開幕投手を務めながら、不振のため7月下旬から約2カ月間、2軍落ちを経験した。試合前には「悔しさは日本シリーズで晴らすしかない」と話していたが、その思いをぶつけることはできなかった。

 「さらに悔しさが重なった。また次チャンスがあれば仕返ししたい」と雪辱を誓い、球場を後にした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月2日のニュース