リコー・沼津事業所7回コールド発進 鈴木政7回無失点

[ 2012年10月10日 06:00 ]

スポニチ後援 蒼龍旗争奪野球第1日 リコー・沼津事業所(光学)9―0三菱化工機(産業機械)

(10月9日 東京D)
 リコー・沼津事業所は5安打ながら10四死球を選び、9得点を奪って7回コールド勝ち。先発の鈴木政も7回2死満塁のピンチをしのいで7回無失点と、投打がかみ合って快勝発進した。

 鈴木正人監督は「四死球が多かったので点を取ることができたけど、打つときもよくつながってくれた。やるべきことをやればこうなる」と効率良く得点した打線に納得の表情だった。

 ▽1回戦
リコー・沼津事業所(光学)
 230 102 1―9
 000 000 0―0
三菱化工機(産業機械)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月10日のニュース