3連勝を狙ったレッズ 嫌な黒星「悪い出来事が続いた」

[ 2012年10月10日 13:43 ]

ジャイアンツ戦の10回、アリアスの三ゴロをレッズのローレンがはじき、一塁へ送球するがセーフになり決勝点を奪われる

ナ・リーグ地区シリーズ第3戦 ジャイアンツ2―1レッズ

(10月9日 シンシナティ)
 3連勝を狙ったレッズはベーカー監督が「悪い出来事が続いた」と顔をしかめた落とし穴にはまり、地区シリーズ突破を持ち越した。

 延長10回2死から捕逸で傷口を広げ、ゴールドグラブ賞を8度受賞した名三塁手ローレンが捕球ミス。これで決勝点を許した。先発ベイリーは6連続三振を奪うなど、9月に無安打無得点試合を達成した力量を示しただけに、悔いの残る初黒星となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月10日のニュース