小笠原 アピールできず CSメンバー入り難しく

[ 2012年10月10日 17:57 ]

 巨人の小笠原は10日、川崎市のジャイアンツ球場で行われた紅白戦に出場したが、3打数無安打に終わった。

 17日からのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージへ向け、復調をアピールすることはできなかった。

 小笠原は今季、故障や不振に苦しみ、34試合の出場にとどまり打率1割5分2厘だった。調整のために13、14日に宮崎市で行う韓国プロ野球LGとの試合には同行しない見込みで、CSでのメンバー入りは難しい状況になった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月10日のニュース