巨人 侍ジャパンのために春季キャンプ日程変更を申し出る

[ 2012年10月10日 06:53 ]

スポニチ・チャリティーゴルフシニアプロアマ大会で青空をバックに手を挙げる山本氏

 来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する侍ジャパンのシニアアドバイザーに前回09年大会優勝監督の巨人・原辰徳監督(54)が就任することが9日、分かった。

 すでに巨人から橋上戦略コーチらの現場スタッフを侍ジャパンに送り込むことを約束。来年2月に宮崎で直前合宿を予定する侍ジャパンのため、同じ施設を使用する巨人が春季キャンプの日程を変更することも申し出た。山本氏が采配に集中できるような環境を整え、3連覇を後押しする構えだ。

 山本氏は10日、加藤良三コミッショナー、王特別顧問とともに都内で就任会見に臨む。その席で、原監督のシニアアドバイザー就任も発表される予定だ。デザインを一新した新ユニホームもお披露目される。その後はクライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズの視察を行い、11月16日(ヤフードーム)、18日(札幌ドーム)に行われる強化試合・キューバ戦の出場メンバーの最終選定に入る。いよいよ「浩二ジャパン」が始動する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月10日のニュース