巨人 CS攻撃型“捕手2人体制”も 阿部&実松のみ

[ 2012年10月10日 06:00 ]

練習を終え、長い影をグラウンドに描き引き揚げる巨人・阿部

 巨人は17日に開幕するCSファイナルS(東京ドーム)に、捕手2人体制の「攻撃型布陣」で臨む可能性が出てきた。レギュラーシーズン終盤は捕手も含めた野手陣の登録は14人。

 CSでは野手16人、投手12人という振り分けで臨むことが決定済みで、野手の残り2枠を小笠原、谷、亀井、中井、エドガー、ボウカー、そして捕手の加藤らで争う構図。シーズンでの貢献度は度外視した横一戦の争いとなり、仮に加藤が外れれば、捕手での登録は阿部と実松の2人だけになる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月10日のニュース