おかわり 母校の甲子園Vは「僕がやったわけじゃ…」も祝砲?

[ 2012年8月23日 19:44 ]

パ・リーグ 西武―ソフトバンク

(8月23日 県営大宮)
 西武の中村が1回、先制の19号2ランを放った。2死一塁でドイルの低めの直球をとらえ、滞空時間の長い弾道でスタンドへ。「いいスイングができた」と語った。

 この日、出身の大阪桐蔭高が、甲子園で春夏連覇を達成した。感想は「僕がやったわけじゃない」とつれなかったが、母校の魅力を以前「あまり(技術的に)いじらず育ててくれる。だから(プロに)個性的な選手が多い」と話していた。

 まさにその個性を発揮し、チームの連敗ストップに大きく貢献した。「この2試合は完璧にやられていたし、その点ではいい本塁打だった」とうなずいた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年8月23日のニュース