「グラウンドにいられたことがうれしい」田端 春の“リベンジ”

[ 2012年8月23日 14:57 ]

第94回全国高校野球選手権大会決勝 大阪桐蔭3―0光星学院

(8月23日 甲子園)
 大阪桐蔭の4番田端はチームメートと抱き合って涙を流した。この日は1安打。「自分は何もできなかったけど、みんなが頑張ってくれた」。

 今春の選抜大会では初戦で投球を右手首に受けて骨折。勝利をベンチで見届けただけに「優勝の瞬間にグラウンドにいられたことが、一番うれしい」と最後は笑顔で話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年8月23日のニュース