12安打でわずか2点…阪神、対中日戦4年連続負け越し

[ 2012年8月23日 06:00 ]

<神・中>7回1死二、三塁、阪神・新井良は三ゴロに倒れる

セ・リーグ 阪神2-5中日

(8月22日 京セラD)
 阪神は中日と同じ12安打を放ちながら、2点しか奪えなかった。

 すっかり見慣れた拙攻で借金は今季最多タイの19となり、和田監督は「走者を置いたときと置いていないときの打撃が違い過ぎる。打たされている」と首を振った。4番の新井良が3度の得点機で凡退するなど、9残塁と拙攻を繰り返した。監督は「あまりにも狙う球と捨てる球を絞れず、打撃になっていない」とぶ然。対中日戦の4年連続負け越しも決まった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年8月23日のニュース