東北勢初Vだ!光星 地元は「あと1勝ぜひ勝って」

[ 2012年8月23日 06:00 ]

体育館で行われたパブリックビューイングで声援を送る光星学院の生徒たち

第94回全国高校野球選手権準決勝 光星学院9―3東海大甲府

(8月22日 甲子園)
 春夏通じ東北勢初の甲子園優勝に向け、王手をかけた青森県八戸市の光星学院の地元では、決勝進出が決まると「この勢いのまま悲願の優勝を成し遂げてほしい」と期待の声が相次いだ。

 この日、光星学院の体育館では生徒や教員、地元の人ら約400人が集まりパブリックビューイングを実施。八戸市の小林真市長も駆けつけ「被災した地域に元気、勇気を与えている。あと1勝ぜひ勝ってほしい」と激励した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年8月23日のニュース