痛恨の悪送球…大杉号泣「自分のせいで負けた」

[ 2012年8月23日 15:01 ]

<大阪桐蔭―光星学院>5回裏大阪桐蔭無死一、二塁、笠松のバントを三塁手が悪送球し、2点を追加する。一塁手武田

第94回全国高校野球選手権大会決勝 光星学院0―3大阪桐蔭

(8月23日 甲子園)
 光星学院の三塁手、大杉が痛恨の失策。5回無死一、二塁の場面だった。バント処理で一塁に悪送球し、2点を失った。「取りにいくか、三塁ベースに戻るか一瞬迷った」とうなだれた。

 バットコントロールのうまさを見せてきたが、この日は3三振。最後の打者にもなった。「自分のせいで負けた。もう取り返せない」と号泣した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年8月23日のニュース