青森の誇り胸に…涙こらえる金沢「諦めずに投げることはできた」

[ 2012年8月23日 16:48 ]

<大阪桐蔭―光星学院>5回裏、大阪桐蔭に追加点を許し、マウンドで汗を拭う光星学院先発の金沢

第94回全国高校野球選手権大会決勝 光星学院0―3大阪桐蔭

(8月23日 甲子園)
 光星学院の先発・金沢は1、3回の満塁のピンチを変化球で切り抜けたものの、4回に7番打者に一発を浴びて先制点を許した。「低めを意識したストレート」が高めに浮き、痛恨の被弾。5回には失策が絡んでさらに2点を許したが「力は全部出し切れた。大阪桐蔭は強い」と潔く負けを認めた。

 この日の先発メンバーでは唯一の青森県出身。「諦めずに投げることはできた」と、背番号1は悔し涙をこらえて話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年8月23日のニュース