354勝右腕クレメンス 独立Lで復帰「少しは戦える」

[ 2012年8月23日 06:00 ]

 大リーグ通算354勝を挙げ、50歳で独立リーグのシュガーランドと契約したロジャー・クレメンス投手が、本拠地のテキサス州シュガーランドで入団会見を行った。

 25日(日本時間26日)に先発する右腕は「まだ少しは戦えると思う。この試合を楽しみ、ファンに楽しんでもらおうと思う」などと意欲を口にした。07年を最後に登板がないメジャー復帰については「過去に引退も復帰もあったが、先のことは考えない」。それでも、25日には古巣アストロズのスカウトが視察する予定だ。また、薬物問題の影響で殿堂入りは厳しいとの見方がある中、「殿堂入りに反対する人をコントロールはできない」とも話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年8月23日のニュース