「自分が打てなくても…」打率・059の7番打者が先制弾

[ 2012年8月23日 17:36 ]

<大阪桐蔭―光星学院>4回裏、先制本塁打を放ちガッツポーズする大阪桐蔭・白水

第94回全国高校野球選手権大会決勝 大阪桐蔭3―0光星学院

(8月23日 甲子園)
 大阪桐蔭に先制点をもたらしたのは、準決勝まで17打数1安打、打率5分9厘の7番打者だった。4回、先頭の白水は光星学院・金沢の甘く入った外角直球をとらえ、センターバックスクリーン右に弾き返す。「公式戦初めて」の本塁打に、ぎこちないガッツポーズで喜びを表した。

 「自分が打てなくてもチームが勝てばいいと思った」という白水。1、3回は満塁のチャンスを逃していたチームに、試合の流れを引き寄せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年8月23日のニュース