オリックス後藤は1億円で更改「優勝しか目指すところはない」

[ 2011年12月13日 18:20 ]

 オリックスの後藤は13日、年俸1億円プラス出来高払いで契約を更改した。来季が3年契約の2年目となる後藤は「本当に優勝しか目指すところはない。日本シリーズの舞台に立ちたい」と意気込んだ。

 今季は出場130試合で打率はリーグ3位の3割1分2厘、8本塁打、55打点。来季の目標に全試合フルイニング出場を挙げた主将は「グラウンドで選手を引っ張っていく」と力を込めた。

 今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留した鈴木は、2千万円増の6千万円プラス出来高払いでサインした。(金額は推定)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月13日のニュース