帆足がソフトB入り表明 地元愛で決断「福岡の血が流れている」

[ 2011年12月13日 11:25 ]

 西武から国内フリーエージェント(FA)宣言した帆足和幸投手(32)が13日、ソフトバンク入りすることを表明した。福岡県出身の帆足は「悩んだけど地元であるソフトバンクにお世話になる。僕にも福岡の血が流れている。(それが)大きいのかな」と話した。

 帆足は8日にソフトバンクと初交渉。出来高を全てクリアすれば総額約10億円となる年俸変動制の4年契約の提示を受け、「自分のハートが熱く燃えるところでやりたい。ソフトバンクには熱意、誠意を感じた」と話していた。

 帆足は福岡・三井高から九州三菱自動車を経て2001年にドラフト3位で西武に入団。左の先発として05年に13勝を挙げるなど2桁勝利を4度マーク。今季は9勝6敗、防御率2・83。通算成績は231試合に登板し、75勝56敗1セーブ、防御率3・79。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月13日のニュース