杉内14日に2度目交渉 年俸制度調整の譲歩案も

[ 2011年12月13日 06:00 ]

 ソフトバンクはFA宣言した杉内俊哉投手(30)との2度目の交渉を14日に行う。小林至取締役が「14日にお会いする方向です」と酒井辰馬弁護士との代理人交渉を行うことを明かした。

 球団は4年総額20億円の複数年契約に加え、焦点となる変動制年俸システムの変動幅を小さくする譲歩案も検討。8日の交渉で好感触を持った巨人の優位は揺るがないが、最後の望みをかけ、杉内側との交渉に臨む。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月13日のニュース