日本新薬 ミスミス敗退…田村監督「自分たちの野球が…」

[ 2011年10月28日 06:00 ]

第82回都市対抗野球 日本新薬1-4NTT東日本

(10月27日 京セラD)
 日本新薬はミスが響いた。

 初回は無死一塁から森川が送りバントを失敗。3回も先頭の釜谷が左翼線二塁打で出塁したが、続く石黒が送れず先制機を逃した。若手中心の投手陣も要所で粘れず。04年以来となる8強入りを逃し、田村秀生監督は「力負けという感じはしなかった。やることをきっちりやる、自分たちの野球ができなかった」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月28日のニュース