“九州のダル”に指名あいさつ 武田「頂点を目指す」

[ 2011年10月28日 18:20 ]

ソフトバンクの武田翔太スカウト部長(左)らから指名のあいさつを受け、記念撮影に応じる宮崎日大高の武田翔太投手(中央)

 ソフトバンクの永山スカウト部長らは28日、ドラフト1位指名した宮崎日大高の武田翔太投手を宮崎市内の同校に訪ね、指名のあいさつをした。武田は「きょうになってシビアな世界に飛び込んだ実感がある。やるからには頂点を目指したい」と口元を引き締めた。

 今夏の甲子園出場は成らなかったが“九州のダルビッシュ”と呼ばれる身長188センチの本格派右腕。永山スカウト部長は「センスがある。ことしの高校生の中で一番いい投手」と太鼓判を押した上で、「体幹づくりなどが必要」とじっくりと育てる方針を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月28日のニュース