想定外…原監督「非常に残念」 対談も吹っ飛ぶ

[ 2011年10月28日 06:00 ]

<プロ野球ドラフト会議>菅野を日本ハムに奪われガックリとした表情を見せる原監督

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA 日本ハム1位指名・菅野智之(東海大)

(10月27日)
 宙に視線を漂わせた巨人の原監督の顔が、みるみる赤みを帯びた。甥(おい)でもある菅野の獲得失敗。壇上で外れくじを手にした清武英利球団代表兼GMも青白い顔色で、想定外の事態を受け入れられない様子だった。

 1位指名を終えて始まった各球団の会見。だが、原監督は15分たっても姿を現さなかった。「2位以降の検討が始まっており、こちらに来ることができません」と球団広報が頭を下げる最中に登場。「監督という立場と伯父という立場、2つありますから。どう表現していいか分かりません。ジャイアンツの監督としても、両方(の立場)で言えることは、非常に残念ということです」と苦しい胸の内を明かした。

 獲得成功ならドラフト会議後、TBS系の生番組で菅野と対談予定だったが全てが吹っ飛んだ。「しっかり指名できていればもっと言葉を多く発したい部分ではありますが…」。当日まであえて多くを語らなかった甥への思いは胸の内にしまったままだった。「伯父として、彼は私に相談してくるでしょうし、今後も力になりたいし、なっていきたい」。甥の今後を案じたのが会見の最後の言葉だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月28日のニュース