プホルス「3本塁打よりうれしい」同点口火打

[ 2011年10月28日 15:48 ]

ワールドシリーズ第6戦 カージナルス10―9レンジャーズ

(10月27日 セントルイス)
 カージナルスは主砲プホルスの二塁打で勢いを取り戻した。5―7の9回1死走者なしと追い詰められた場面で、レンジャーズの守護神フェリスの速球を左中間へ。ここから打線は2度2点差を追い付き、延長11回にサヨナラ勝ちした。

 この二塁打が、3本塁打した第3戦以来の安打となったプホルスは「最高の抑えの一人から打てて、チームが追い付いた。3本塁打よりうれしいよ」と会心の笑み。ラルーサ監督は「大振りせずに打ち、反撃のきっかけになった」と喜んだ。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月28日のニュース