横浜 DeNAへの譲渡発表延期!球団名の調整つかず

[ 2011年10月28日 06:00 ]

 横浜ベイスターズを保有するTBSホールディングス(HD)は27日、28日に予定していた携帯電話向けゲームサイト「Mobage(モバゲー)」を運営するDeNA(ディー・エヌ・エー)への球団譲渡を承認するための臨時取締役会を延期すると発表した。

 同じく28日に予定していた球団譲渡の発表も延期となった。交渉は継続するとしている。

 延期の理由は、球団名の調整がつかなかったためとみられる。DeNAは、球団名に「モバゲー」の名称を使うことを検討していたが、26日に巨人・渡辺恒雄球団会長が「企業の売名は禁止されているんだよ」と発言していた。

 球団譲渡は12球団による実行委員会とオーナー会議での承認がなければ成立せず、オーナー会議での議決には出席者の4分の3以上の賛成が必要となる。一部球団からは球団名に加えてDeNAの長期的な球団保有を不安視する声も出ていた。また今回の発表延期を受け、11月2日の臨時実行委員会も延期された。

 ▼広島・鈴木清明球団本部長 (2日の)臨時実行委は中止ではなく延期。申請があればすぐに招集されると思う。ただ、その申請がいつになるのか。

 ▼中日・佐藤良平球団代表 ドラフト会議が始まる前に、NPBから2日の臨時実行委はなくなったと聞いた。球団名の問題が影響してるのかもしれない。

 ≪DeNA社 返答避ける≫DeNA社の広報部は、28日に予定されていたTBSHDの取締役会延期を受け「当社側から発表していたものではないし、それを受けてもお話できることはありません」とコメント。同社も28日に取締役会を予定していたが「他の案件もあるかもしれないし、行うかどうかは分からない」とした。また、前社長の南場智子取締役は交渉の長期化などについて問われ「現時点では私は何もしゃべれないんです」と返答を避けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月28日のニュース