過去にも異色選手が…陸上五輪代表はロッテ入り

[ 2011年10月28日 06:00 ]

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA 日本ハム7位指名・大嶋匠(早大ソフトボール部)

(10月28日)
 【過去の異色選手】

 ☆飯島秀雄(陸上五輪代表) 東京、メキシコの両五輪陸上100メートル代表で元日本記録保持者。68年、ロッテから9位指名され入団。

 ☆市場孝之(大相撲) 中学時代に野球と相撲を掛け持ち。卒業後、大相撲の佐渡ケ嶽部屋に入門し、元序二段。2年間のロッテ球団職員を経て、91年に7位で指名。

 ☆日月(たちもり)鉄二(やり投げ) 87年秋の沖縄国体やり投げで6位入賞。同年ドラフト外で投手として入団したが、外野手に転向した。

 ☆矢野正之(学生監督) 神奈川・霧が丘高で2度の留年。19歳になり年齢規定で公式戦に出場できなくなると、94年ドラフト5位で阪神入団。

 ☆橋本泰由(中学講師) 和歌山県御坊市立湯川中学の常勤講師だった橋本は01年オリックスの15巡目指名を受ける。大体大卒業後、00年から保健体育の講師で、クラブチームの箕島球友会に所属していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月28日のニュース