リリーフ陣が次々と…同僚気遣う建山「硬くならない人はいない」

[ 2011年10月28日 16:05 ]

ワールドシリーズ第6戦 レンジャーズ9―10カージナルス

(10月27日 セントルイス)
 レンジャーズの上原と建山は勝負の厳しさを痛感した様子だった。

 9回に抑えのフェリスが2点を失って同点を許し、延長11回にはワールドシリーズから出場登録されたローがサヨナラ弾を浴びた。

 打たれた同僚を、建山は「ああいう場面で硬くならない人はいない」と気遣い、上原も「惜しい試合だった。気持ちを切り替えてほしい」と思いやっていた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月28日のニュース