内海?沢村?巨人 先発隠しへ厳戒態勢

[ 2011年10月28日 06:00 ]

叫びながらメディシンボールを高く放り投げる沢村

 内海か沢村か。巨人はCSファーストS(神宮)での先発を隠すため、異例の厳戒態勢を取った。

 両投手がジャイアンツ球場の室内練習場に姿を消すと、2日連続の練習非公開が告げられた。川口投手総合コーチが「トイレに隠れているやつはいない?」と話せば、斎藤投手コーチも「あそこにいるの誰?(他球団の)スコアラー?」と真顔だ。

 室内練習場もピリピリモードで、壁を隔てたブルペン近くの駐車場に報道陣が待機していると「ズドン!」と球が壁にぶち当たる大音量が鳴り響いた。「皆さんの足音が聞こえて集中できないとのことです。お願いできますか」と球団広報は周辺から離れることを要請した。

 グラウンドに出た後のランニングも、沢村と内海は同じメニュー。選手が無言を貫く中で「あまり話すなと言われている」と語ったのはゴンザレス。CSファーストSの1戦目に先発すれば中4日で、CSファイナルSの2戦目、中3日で6戦目に登板できる。ナゴヤドームで今季19回無失点と抜群の相性の良さを誇る沢村の初戦先発が有力視されるが、敵をあざむくため最後まで隠し通す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月28日のニュース