西武 札幌入り「選手はタフになっている」

[ 2011年10月28日 06:00 ]

宮崎から札幌へ移動する(左から)中村、秋山、牧田、中島 

 西武がCS直前合宿を行っていた宮崎・南郷から空路で札幌入り。29日からファーストS、日本ハム戦(札幌ドーム)に臨む渡辺監督は「144試合戦って最後の最後に(CS出場の)権利を得た。選手は体力的にも精神的にもタフになっている」と手応えを口にした。

 宮崎ではフェニックスリーグで4試合の実戦をこなし、シーズン終盤の勢いのままに短期決戦に入る。涌井、西口、岸が先発予定で、ファイナルSに進出すれば、初戦は帆足が先発マウンドに上がる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月28日のニュース