室蘭シャークス 悲願の「全国1勝」ならず

[ 2011年10月28日 06:00 ]

第82回都市対抗野球 西濃運輸6-3室蘭シャークス

(10月28日 京セラD)
 室蘭シャークスは10年ぶり2度目の出場だったが、目標の「全国1勝」はならなかった。

 3回に公式戦初スタメンの新人・遠藤の左前打と、半田の右前打で2点を奪って逆転。しかし7回以降、先発・磯貝の後を受けたリリーフ陣が再逆転を許した。試合後、選手に「また戻ってこよう」と話した加藤徹監督は「去年、日本選手権に出て、2年続けて全国大会に出られた。今後のチームづくりの肥やしになる」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月28日のニュース