菅野 伯父・原監督とのプレー「思い描いていた」

[ 2011年10月28日 06:00 ]

プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA

(10月27日)
 【菅野と一問一答】

 ――この日をどんな気持ちで迎えた

 「不安もありましたけど凄くワクワクした気持ちが強くて。ワクワク感よりも緊張感の方が強かったと思います」

 ――日本ハムが交渉権

 「多くの球団の方に評価を頂いたのは凄くうれしく思います。抽選は今まで味わったことのないような緊張感を凄く感じましたし、本当に何ともいえない感じでした」

 ――今後について

 「結果的にどこに行くにしても、まだ日本一という目標があるので」

 ――日本ハムの印象は

 「ダルビッシュ投手をはじめ、凄くいい投手がいると思います」

 ――伯父の原監督のもとでプレーしたかった

 「当然、そういう思いもありました。小さい頃には一緒にできたらいいなというくらいしか思ってなかったのが、大学にいってある程度実績を残せるようになってそれが夢ではなく、現実となるように自分の中で思い描いていたのはある」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年10月28日のニュース