登録抹消の小笠原「1日で劇的に変わらない」

[ 2011年5月16日 06:00 ]

川崎市のジャイアンツ球場で取材に応じる小笠原

 左ふくらはぎを負傷し、14日に出場選手登録を抹消された巨人・小笠原が15日、川崎市のジャイアンツ球場で治療を行った。広島から東京に移動した前日と同じく、松葉づえをついて現れるとアイシング治療を受け、トレーナーに患部の経過報告を行った。

 「(痛みは)そのときよりは(緩和された)ね。今は1日でも早く復帰すること。そのために努めるとしかコメントできない。1日で劇的に変わることはない。冷やすしかない。2、3日たって、また聞いてください」と淡々と話した。小笠原は13日の広島戦(マツダ)で左ふくらはぎに死球を受けて退場し、チームを離脱していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月16日のニュース