梨田監督「中田が4番?打てなくなったら皆さんが困るでしょ」

[ 2011年5月16日 08:57 ]

 <交流戦を前に…パ監督総括>

 (1)日本ハム・梨田監督 中田と陽岱鋼(ヨウダイカン)が成長してきたのは収穫。中田が4番?打てなくなったら皆さん(報道陣)が困るでしょ。打線の上と下でエンジンをふかせられるから今のままでいい。誤算は鶴岡の故障。交流戦は普段対戦しない投手と当たるけど、つなぎの野球ができれば。

 (2)ソフトバンク・秋山監督 先発は6人とも十分に仕事をした。その結果が現時点での結果になっている。中継ぎ、抑えの負担も少なくて済んでいる。打線は内川が引っ張ってくれた。つながりのあるバッティングができていて、他のメンバーも調子を上げているのでこれからが楽しみ。

 (3)ロッテ・西村監督 開幕から良かったところは続け、悪かったところは反省して、交流戦に向かっていきたい。交流戦はいかにして勝ち越すか、という考えはあるけど、基本的にはレギュラーシーズンと同じだと思う。

 (4)楽天・星野監督 ピッチャーはある程度計算が立った。トータル的にね。先発は完投できるピッチャーが多いし、中継ぎも頑張っている。打線は淡泊というか積極性がない。5月に入って5度零敗だからね。これから爆発してくれることを楽しみにしている。

 (5)西武・渡辺監督 まだ収穫とかそういう話をする必要はないでしょう。打つ方がもうちょっと粘り強くいかないと。打線で大勝ちする試合をつくりたい。これで一区切りだし、交流戦を良いきっかけにしたい。開幕のつもりでやります。

 (6)オリックス・岡田監督 辛抱して、辛抱して勝ち星を拾っていけば波は来る。いつまでも(チーム状況は)悪くはない。一つずつ勝っていくしかない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月16日のニュース