吉見“鬼門”で今季も…でも落合監督「いいじゃん」

[ 2011年5月16日 06:00 ]

<神・中>5回、逆転を許しガックリとベンチに引き揚げる吉見

セ・リーグ 中日1-3阪神

(5月15日 甲子園)
 常に勝利を求められるエースだけに、中日・吉見は責任を背負い込んだ。

 「見ての通りです。僕のせいで負けました」

 7回1/3を7安打3失点。3連敗阻止へ打順を入れ替えてきた阪神打線を相手にしっかり試合はつくった。だが、1―2の8回1死三塁からマートンに痛すぎる中前適時打を浴び、力尽きた。

 昨オフに右肘にメスを入れ、開幕から約1週間遅れで1軍合流。ここまで3試合で2勝0敗と健在ぶりを示していたが、昨季2戦2敗と相性の悪かった甲子園で今季も初黒星を喫した。

 7回の打席で吉見に代打を送らなかった落合監督は「2死走者なしで代えて何が残る。いいじゃん、120球放れるのが分かったんだから」と手術後最多の121球を投げたことを評価した。勝てば今季初の貯金1だったが、借金生活に逆戻りで交流戦へ。この日も右腕を援護できなかった打線の奮起が待たれる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月16日のニュース