横浜、米独立リーグ出身の150キロ左腕を獲得

[ 2011年5月16日 06:00 ]

 横浜は15日、入団テストを受けていたプエルトリコ出身のルイス・エンリケ・ゴンザレス投手(28=米独立リーグ)を獲得すると発表した。16日にメディカルチェックを受け、約1週間のドーピング検査を経たのち、正式契約を交わす。

 同投手は150キロ近い直球が武器の左腕。この日はブルペンで62球を投げ込み、河本明取締役編成部長は「先発として期待している。2軍で調整して6月中旬には1軍で登板してもらえれば」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月16日のニュース