上原 今季初失点も「勝ったのでOK」

[ 2011年4月21日 11:00 ]

ツインズ戦で登板後、ベンチで悔しそうに手をたたくオリオールズ・上原

オリオールズ5―4ツインズ

 オリオールズの上原浩治投手は20日、ボルティモアでのツインズ戦で5―3の8回に3番手で登板し、1回を2安打1失点、1三振1四球だった。勝敗やセーブは付かず、チームは5―4で勝った。

 上原がリードした場面で登板するのは、約2週間ぶりだった。5―3の8回に登場して今季初失点を喫したが「勝ったのでOK」と前向きに、チームの連勝を喜んだ。

 2死一、二塁のピンチを招き、フォークボールをうまくすくわれての左前打で1点を失った。ここで右腕は深呼吸して気持ちを整え、次打者を直球で右飛に仕留めた。

 チームは泥沼の8連敗を抜け出し、息を吹き返した。再び勢いに乗れば、上原の出番が増える。右肘に不安はなく「明日もあるかもしれないので、心構えはしている」と連投への意欲を示した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月21日のニュース