中田が今季初打点!ハム 3連勝で貯金1

[ 2011年4月21日 06:00 ]

<オ・日>7回1死二、三塁、中田が右前2点適時打を放つ

パ・リーグ 日本ハム9―5オリックス

(4月20日 ほっと神戸)
 乗り遅れるわけにはいかない。チームにも、同期のライバルとの競争にも。4試合連続2桁安打で今季最多16安打と好調な打線の中で、日本ハム・中田も輝きを取り戻した。3点を勝ち越した直後の5回2死三塁で左越え二塁打。今季初打点を記録すると、7回には右前2点打で2安打3打点だ。

 「チームが波に乗っている中で貢献できていない悔しさが強かった」

 重心を低くし、両脇を締め、球を引きつけてコンパクトに振り抜く。開幕直後は不振に陥ったが、新打法に取り組む自分を信じた。前夜の今季初安打で吹っ切れた部分もある。7回は内角シュートに詰まらされたが、右脇を締めて押っつけて右前にポトリ。新打法の効果に「しっかり振れているから、あそこに落ちる」と胸を張った。

 07年の高校生ドラフトの際に「BIG3」と並び称されたヤクルト・由規、ロッテ・唐川はともにデーゲームで完封勝利。打たないわけにはいかなかった。「2人が頑張っているし、刺激し合いながら頑張りたい」。東日本大震災後、広島在住の母・香織さんに仙台市の由規の実家に野菜などの救援物資を送ってもらったように、ライバルであり強い絆で結ばれた仲間でもある。だから自然と気合も入っていた。

 17日の斎藤のプロ初先発初勝利から3連勝でチームは今季初の貯金1。前夜はダルビッシュが今季初勝利、そして中田の快音。日本ハムに役者がそろった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月21日のニュース