岩田 またも援護に恵まれず…「勝てる投球をしたい」

[ 2011年4月21日 22:02 ]

巨人戦に先発した阪神・岩田
Photo By スポニチ

セ・リーグ 阪神1―3巨人

(4月21日 甲子園)
 阪神の岩田は2失点した6回の内容に反省しきりだった。先頭の投手、沢村に四球を出し「あれでリズムを崩してしまった」という。さらに四球などで走者をためて、ラミレスに2点適時打を許した。

 6回を投げ、これ以外は大きなピンチもなかったが、またも打線の援護に恵まれなかった。左肘手術から復帰した左腕は「足元を見つめながら、勝てる投球をしたい」と次の登板を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月21日のニュース