雄星 登録抹消も前向き「肉体改造してきます」

[ 2011年4月21日 06:00 ]

 西武の菊池雄星投手(19)が21日、出場選手登録を抹消されることが決まった。21日のロッテ戦(QVCマリン)に先発する西口と入れ替わって、22日から2軍に合流する予定。

 左肩痛からの復帰を目指した2年目の今季は春季キャンプから1軍メンバー入り。オープン戦を含めた対外試合5試合に登板するなどしてアピールした。初の開幕1軍入りを果たしたものの、プロ初登板の機会がないまま仕切り直しとなった。

 渡辺監督は「1年間、2軍のローテーションを守るくらいの気持ちでやってほしい。良ければ当然上(1軍)で使う」として菊池を2軍では先発として起用することを明言。ドラフト1位右腕の大石も右肩違和感で16日に2軍落ちしたばかりだが、菊池は「肉体改造してきます。実力をつけて夏くらいに上がれるように頑張ります」と前向きに話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月21日のニュース