選手会とNPB 日程調整折衝へ

[ 2011年4月21日 06:00 ]

 日本プロ野球選手会は20日、日本野球機構(NPB)に対し、今秋の戦力外通告期間や合同トライアウト開催日を決めるため、12球団側との事務折衝の実施を要望した。

 東日本大震災の影響で公式戦終了が例年より2週間程度ずれ込むことに伴う調整が目的。本来は10月1日から始まる第1次の戦力外通告期間も2週間程度遅らせる案やトライアウトを例年通り2度実施する案を検討する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月21日のニュース