岡島2/3回3失点「全然だめ。次は頑張る」

[ 2011年4月21日 06:00 ]

<アスレチックス・レッドソックス>今季初登板で2/3回を投げるも火達磨、ベンチで呆然とする岡島秀樹

ア・リーグ レッドソックス0―5アスレチックス

(4月19日 オークランド)
 前日の18日に昇格を果たしたレッドソックス・岡島の今季デビュー戦は先輩に打ち砕かれた。

 0―1の8回無死二塁から3番手で登板も2/3回を2安打3失点と踏ん張れずに「全然だめでしょう。ちょっと無駄な球を投げすぎた。(松井さんには)真ん中ですね。甘い球がいったら打たれます」と猛省した。捕手のサルタラマッキアのリードも単調で左打者に直球とカーブ、右打者は直球とチェンジアップと配球が偏った。それでも過去に何度もチームの窮地を救ってきた左腕は「マイナーでやってきたことを出せなかった。次は頑張りたい」と最後は前を向いた。

 チームは連勝が3で止まり、敵地で今季未勝利(7敗)と流れを呼び込めない。3回にはフランコナ監督が球審への暴言で退場。4回には無死一塁で、キャメロンが空振り三振と守備妨害で併殺という珍プレーも飛び出すなど散々だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月21日のニュース