山口ベンチ外、内海が昨年8月以来の中継ぎ

[ 2011年4月21日 06:00 ]

<神・巨>7回、勝ち越しを許した内海

セ・リーグ 巨人5―4阪神

(4月20日 甲子園)
 開幕2戦目のヤクルト戦(北九州)で先発白星を挙げた巨人・内海が同点の7回に昨年8月以来の中継ぎ登板。

 脇谷の失策などで1死二、三塁とされ鳥谷に左犠飛を許したが、直後の8回に打線が逆転して幸運な2勝目を挙げた。開幕から2度救援に失敗した山口は精神的な疲労を考慮されてベンチ入りメンバーを外れ、チームは22~25日まで試合がないことから中継ぎ待機を志願。味方の守備に足を引っ張られたが「そんなときこそゼロに抑えないと」と反省した。26日からのヤクルト3連戦(静岡)で先発に復帰する見込みだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月21日のニュース